被害者側で多数の事案を担当しています。自動車保険の弁護士費用特約を利用した受任が多いことが特色です。弁護士費用の着手金については、相手方の保険会社から最終的に支払われる保険金で清算する方法での受任も可能です。

関連取扱事件

←「高校生が高次脳機能障害を負った後に国家資格の取得をした事案」
←「事故後2年を経た診断によって後遺症が認定された事案」
←「将来の介護費用が争点となった事案」
←「母親所有の自動車を長男が運転し、同乗していた長女に大けがを負わせた事案」