現在では弁護士会で統一した弁護士費用の基準は廃止されていますが、当事務所では基本的に旧弁護士会の基準に従っています。

一般の民事事件の弁護士費用

 争いごとの金額の大小によって、以下のように弁護士費用が変わってきます。

300万円以下では着手金は8%、成功報酬は16%
300万円から3000万円では着手金は5%+9万円、成功報酬は10%+18万円
3000万円以上の場合は着手金が3%+69万円、成功報酬が6%+138万円となっています。

 交通事故の案件に関しては、着手金の支払いを一部(10〜20万円など)に留め、最終的に保険会社から支払われる保険金のなかから、着手金と報酬を清算することも可能です。

債務整理事件の弁護士費用

自己破産(非事業者)

着手金20万円
免責の報酬10万円〜

自己破産(事業者)

着手金30万円
免責の報酬10万円〜

個人再生

着手金20万円
報酬20万円〜(住宅特則を利用する場合)10万円〜(住宅特則を利用しない場合)

任意整理・過払金回収

着手金1業者あたり 1.5万円
報酬1業者あたり 1.5万円

 以上の基本報酬額に、貸金業者からの請求を減額した額の10%
 及び 過払金取り戻し額の20%を加算する。

法人の倒産処理(自己破産)

着手金50万円
報酬50万円以上

 債務整理案件については、支払方法は分割も可能です(法人の倒産処理は除く)。

法人の民事再生手続き

着手金100万円
報酬100万円〜

 債務整理案件については、支払方法は分割も可能です(法人の倒産処理は除く)。

刑事事件

着手金20~50万円(通例30万円)
報酬弁護の成果に応じて20~50万円