社会の高齢化が進む中で、高齢者や障害者の方が自分の財産を適切に管理できずに問題となるケースが増えてきています。

 こうした状況を受けて、埼玉弁護士会では「高齢者・障害者権利擁護センター」(略称・「しんらい」)を設置し、こうした問題に対応してきました。具体的には「しんらい」では、高齢者等の財産管理等について弁護士が相談にのり、必要であれば同センター所属弁護士による財産管理をあっせんし、かつ弁護士会としてその弁護士による管理業務を監督します。

 現在は財産管理に問題はなくとも、将来、心身の障害で財産管理が難しくなった場合にそなえて、将来の財産管理について、今から弁護士に指示しておくことも可能です。

 こうした問題について不安をお持ちの方は、一度「しんらい」に相談されることをお勧めします。

[参考HP] http://www.saiben.or.jp/person/person.html